×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セントラルガーデン(名古屋)ってどんな街

セントラルガーデンは、JRの社宅だった土地に高級永住型マンションが建つ。“道から始まる街づくり”のコンセプトの元名古屋に誕生したセントラルガーデン。名古屋セレブをひきつける魅力的なセントラルガーデンには、美しい道の景色があります。東京の「表参道」「広尾」「代官山」・・・。そこには、豊かな都市文化や洗練された生活風景を生み出す原点とも言うべき道が存在しています。「ナゴヤ セントラルガーデン」も、そんな道へのこだわりから街づくりのビジョンを描き出しました。「道から始まる街づくり」をコンセプトに、人々を魅了する美しい街並みを築きます。真ん中を通る、1本の道の両脇には、多くの人々の憧れである名店(ランチにも最適)が6店舗並びます。

セントラルガーデンは名古屋に緑豊かな街を誕生させました。

セントラルガーデンは東山線池下駅(地下鉄)から、ほど近い場所にあります。総開発面積約38,000m2の広々としたな土地に、緑化率(敷地面積に対する緑地面積)30%以上を確保約3割ものグリーンを配置しました。名古屋セレブ垂涎の名店が立ち並ぶ、南北の道路には「ケヤキ」(街路樹として、良く植えられる高さ20〜25mの木)と「ルブラカエデ」(一般的にもみじと呼ばれる)の二重並木。セントラルガーデン全体に高木と中低木、落葉樹と常緑樹をふんだんに織り交ぜたグリーンプランは、四季おりおり違った顔を見せてくれます。緑に彩られた美しい景観に包まれた街は、ときをかけて木が育つことで、さらに表情豊かな景色を見せてくれるでしょう。(品川・港北・池下)

セントラルガーデン(名古屋)に集結した名店

セントラルガーデンはセレブ御用達の名店が、身近な存在としてセントラルガーデンの中にある生活。そこには、ここでしか得られない優越感を名古屋セレブにもたらします。予約の取れない落合務シェフが腕をふるう銀座の人気イタリアンレストラン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ」、2415円のランチコース(飲茶づくし)などお手軽に楽しめる名古屋マリオットアソシアホテル直営の本格中華と飲茶「梨杏茶樓」(りんかさろう)、約1時間並ぶ事も珍しくない人気店、フランスを代表するパン職人エリック・カイザー氏の「メゾンカイザー」、フランス菓子のワールドカップチャンピオン名パティシエ・辻口博啓氏の「フォルテシモ アッシュ」と、一流店ばかり。中華の「梨杏茶樓」以外は、名古屋初出店。ランチにも最適

Copyright © 2007 セントラルガーデン(名古屋)